HOME < ハワイに行ってゴルフをしよう < カートについて知っておきましょう

カートについて知っておきましょう

ハワイの芝は比較的強いバミューダグラスが一般的です。その上を、タイヤが太くて柔らかい乗用カートで走ります。どこでも自由に走れるかと言えば、そうではありません。危険防止や芝生の保護のために走れなエリアもありますので、注意しましょう。

カートパスONLY

「カートパス」はカート道のことで、指定された道のみ走行可で、フェアウェイは走れません。日本で乗用カートを使用するコースのほとんどがこのタイプです。

普段はフェアウェイ走行可でも、雨の時期などコンディション次第で、一時的に「カートパスONLY」とする場合や、早朝、水をまいた直後だけ走行を許可することもあります。

90度ルール

カート道路の脇に「90°RULE」の標識があります。フェアウェイをカートで走行する場合、以下のような「90度ルール」にしたがわなければなりません。

 ・カートパスを走ってボールの横まで来たところで、ボールに向かって直角にフェアウェイに入る
 ・打ち終えたらカートパスに向かって直角に戻る

つまり、カート道とボールとの間の最短距離のみフェアウェイを走っても良いということです。売ったボールを追いかけるようにフェアウェイを走ってはいけません。

フェアウェイOK

特に何も表示がなければ、フェアウェイを自由に走ることができる、一番楽なルールです。念のため、スタート前に確認しましょう。ただし、グリーンの周囲やティグランドは乗り入れ禁止です。ショートコースでは乗り入れできないこともあります

カートの運転方法

カートの駆動方式には電動とガソリンがありますが、カートの運転方法はどちらも同じです。ハンドルは左ハンドルで、右ペダルがアクセル、左ペダルがブレーキです。ブレーキペダルを深く踏みこめば、サイドブレーキがかかります。バックは座席下のレバーかハンドル下のスイッチで切り替えます。

運転は簡単ですが、事故防止のために慎重に運転しましょう。停めた時にはかならずサイドブレーキをかけます。平らなように見えても傾斜があることもありますので、しっかりサイドブレーキを使って停めるべきです。バックの後にはレバーをすぐに戻しておきましょう。次に出発する際、アクセルペダルを踏み込んだ途端にバックしてしまい、危険なことがあります。

カートの運転は遊園地のゴーカートと同じくらい簡単ですが、必ずしも平地を走るわけではありませんので、注意が必要です。走行可能なエリアもしっかり確認して走りましょう。慣れればとても快適です。