HOME < ゴルフについて知ろう! < ゴルフが持つダイエット効果とは?

ゴルフが持つダイエット効果とは?

ゴルフはサッカーや野球と違って激しい動きはあまりないので、比較的楽なスポーツとの印象があるかもしれません。ですが、カートを使わず1ラウンドをまわると実は1000キロカロリーも消費できるかなりハードなスポーツです。ゴルフはダイエットに効果があり、女性は美しくなることもできるそうです。ここでは、ゴルフのダイエット効果のしくみをご紹介しましょう。

1ラウンドの移動距離は?

ゴルフ場は広いです。1ラウンド18ホールあります。ロングホール、ミドルホール、ショートホール。18ホールの合計は約7000ヤードです。1ラウンド18ホールの歩く距離はスムーズにいったとすると7~8km。初心者の場合は右へ左へあっちこっちに移動となるのでだいたい10km歩くことになるようです。

歩いて消費するカロリーはどのくらい?

ジョギングは10分で80キロカロリー消費すると言われています。ウォーキングだと10分で30キロカロリーとなります。ゴルフの1ラウンドの時間はおおよそ5時間です。単純にウォーキングだけだと、1ラウンドの消費カロリーは900キロカロリーとなります。ゴルフバッグはおおよそ10kg弱。1ラウンドをカートで移動した場合、上記の消費カロリーとなりますが、バッグを自分で担いだ場合は大体倍程度の値となって1800キロカリーの消費となるようです。

ゴルフで基礎代謝がアップ

けっこうな重さのあるキャディバック。そこそこの力をいれたスウィング。そして10kmのウォーキングで、日頃使っていない筋肉を使うことになり基礎体力が鍛えられます。基礎代謝がアップすると生活をしているだけでカロリーが消費されるわけですから、太りにくい体質になれます。これは肥満が気になる男性にはうれしいことですね。基礎代謝がアップすることでダイエット効果はもちろんですが、病気になりにくい効果もあります。風邪をひきやすい、病気がちな方はゴルフをすることで健康面でも期待できると思います。

ゴルフでナイスボディに

ゴルフの正しいスウィングは、下半身をしっかり構えた状態にして、上半身だけを回転させます。ぞうきんしぼりのようにウエストをギューとしぼるように回転させるので、腰回りがくびれるようになります。ある女性インストラクターは、「初心者でも1ヶ月程度正しく練習することで正しいスウィング、体の回転の仕方が理解できるようになります。3ヶ月継続して練習することでウェストのくびれ効果を実感できるようになります。」と言っています。

ゴルフをすることで筋肉がしっかりついてくるので、体重はあまり変わらないかもしれません。しかし確実にスタイルは引き締まって、ブヨブヨのお腹に別れを告げられるようです。

ご夫婦でゴルフを始めたいとお考えの男性は、奥様にこうしたダイエットの効果があるお話をすれば興味をもってくれると思います。正しい練習を3ヶ月継続することでナイスボディになれると説明すれば、一緒にプレーをしてくれやすくなりますよね。

また、奥様の最近のスタイルにご不満がある場合でも、引き締まったウェストを若いころのように復活してもらえたら、セックスレスのでお悩みの場合でも効果が期待できるのではないでしょうか。

ちなみに、男性のEDが原因でセックスレスが起きているのであれば、奥様のスタイル改善よりも先に、ご自身の下半身トラブル解消を行うようにしましょう。最近では、男性のデリケートな悩みを相談できるクリニックなどもあるそうです。バイアグラといった勃起改善薬を処方してもらえれば、かなりの効果が期待できますので、ぜひ一度ご検討ください。