HOME < ゴルフについて知ろう! < ゴルフボールはなぜ飛ぶのでしょう

ゴルフボールはなぜ飛ぶのでしょう

夫婦でゴルフをするときに、ゴルフの技術やテクニックのことばかりを話していると、だんだんと飽きられてしまうかもしれません。ゴルフを楽しくやるために、多少の「うんちく話」をすることで、普段あまり会話のないご主人や奥様と楽しくおしゃべりができる、ネタを紹介いたしましょう。今回は、「ゴルフボールが飛ぶしくみ」です。

ゴルフボールは丸い

当たり前ですが、ゴルフボールは丸いです。なぜゴルフボールは丸いのでしょうか。ゴルフはティー・グラウンドからホールまでをボール近づけながら、ホールにボールを入れることが目的です。ボールという物体を少しでもホールに近づけるために、転がり易い、形が理想的です。その為、芝や地面からもっとも抵抗力が少ない形として立方体や角のある形、ラグビーボールのような形ではなく、物体の中心から物体の表面までの長さがほぼ同じである、丸い形、「球状」の形をしているというわけです。これがもっとも転がるときに抵抗をうけにくく転がり易いということです。

丸いボールは飛びやすい?

芝や地面を転がるためには、丸い形が都合がいいことはわかりました。ゴルフボールはクラブでボールを打って、飛ばすことでホールに近づけます。丸いボールは飛びやすいのでしょうか?ものを飛び易くするためには、空気抵抗を考える必要があります。空気抵抗は物に対しての空気の流れです。空気がものに当たるとものの後ろ側で空気の乱れが発生します。これが空気の抵抗となります。

物に対して空気がスムーズに取り囲むように流れと空気抵抗は少ないです。うちわを仰ぐときにうちわの進む方向と水平にうちわをもって仰ぐとスムーズに動きます。空気がうちわを取り囲むように流れるため、空気抵抗はほとんとありません。当然すずしくありませんが・・ うちわを進む方向と垂直にもってあおぐと空気を動かしてすずしくなります。この時、手には少し力が必要です。これが空気抵抗です。

空気抵抗がもっとも少ないのが魚や飛行機の形でよく言われる、「流線型」というかたちです。魚の形、と思ってください。これが空気抵抗が少ないため、このような形ではよく飛びます。丸いボールは立方体の形より空気抵抗は少ないです。魚の形ではもっとも飛び易いですが転がりません。丸いボールでは、ボールの後ろ側に空気の乱れが多少発生するため、ボールを飛ばすには少し不利になります。 丸い形でももっと空気抵抗を少なくすることは可能なのでしょうか?

ボールを遠くに飛ばすために

ボール遠くに飛ばすためには、強い力でボールを打つことです。ボールが高く上がれば落ちるまでの時間がかかるため、遠くまで飛ばせることになります。ボールをクラブで打つと「バックスピン」といって、ボール進む方向から後ろ向きとなる、ボールの下から上の回転が生じます。

この回転運動によって、ボールの上部は空気の圧力が低くなり、ボールの下部は空気圧が高くなります。この圧力差のためにボールには「揚力」とうボールを浮かせる力が働きます。これによりボールは長く空中に浮くことになり飛距離が伸びることになります。

いかがでしょうか?ゴルフボールの形とはあまり意識していなかったと思います。改めてなぜ丸いのかとか、ボールの飛ぶ仕組みが理解できればこれを意識することで、ゴルフの成績とご夫婦のお喋りの楽しさも向上できるのではないでしょうか。少し知的にゴルフを理解してゴルフを楽しみましょう。