HOME < ゴルフについて知ろう! < 覚えておきたいゴルフのルール【グリーン編】

覚えておきたいゴルフのルール【グリーン編】

ゴルフをプレーしている際にもっとも緊張する場面と言えば、やはりグリーン上でのパッティングではないでしょうか?しかし、緊張のあまりルールを無視してしまうと手痛いペナルティーが課せられることも。ここでは、グリーン上で守るべきゴルフのルールについてご紹介します。

〔ケース1〕アドレスしたときにパターがボールに触れてゆれてしまった!

アドレスしたときにボールがクラブに触れてゆらゆらとゆれてもペナルティにはなりません。ボールが動いて位置がかわらなければ大丈夫です。もし位置がかわってしまった場合は一打罰となりボールを元の場所にリプレースすることになります。

〔ケース2〕スパイクのひっかき傷が気になったので修復した

プレーヤーはグリーン面のボールの衝撃による傷(ボールマーク)は修理することができますが、スパイクによる傷(スパイクマーク)は認められていません。修理した場合は二打罰となってしまいます。スパイクマークの修復はホール・アウト後に行うようにしましょう。

〔ケース3〕パッティングライン上にある落ち葉が邪魔なので取り除いた

パッティングのときにプレーヤーはグリーンにある落ち葉、木の枝、砂等ルース・インペディメントをつまみ上げたり、手やクラブで払いのけることができます。ボールが動いているときはパッティングラインにあるルース・インペディメントを取り除くとペナルティとして二打罰が課せられます。

〔ケース4〕ロングパットをショット。しかしボールはホールをかすめて数センチオーバー。ムカッとしてパターでボールをかき寄せてホール・インした

プレイヤーは正しくクラブヘッドで打ちなさいということがルールづけされています。押し出したり、かき寄せたり、すくい上げたりするとペナルティとなって二打罰となります。最後の最後まで冷静にプレーできるようにこころがけましょう。

〔ケース5〕急な雨で視界が悪いときにキャディに傘をさしてもらってパッティングをした

傘をさしましょうか、と言われても断らなければいけません。ゴルフでは物理的援助や雨風をさけるために他人に助けてもらうことはペナルティです。自然のままでのプレーをすることに反してしまいます。二打罰となります。

〔ケース6〕グリーン上のボールが風に吹かれてホール・イン!

風や水は局外者ではないので、ボールが動いても止まった位置からのプレーとなります。ホール・インしたときにピンが立っていなければホール・アウトとなります。しかしピンが立っている状態だとピンに触れたということで二打罰となります。

〔ケース7〕ホール・アウトしたプレーヤーが他のプレーヤーがホール・アウトするまでの間にパッティングの練習をした

ホールとホールの間ではプレーを終えたプレーヤーは今プレーしたグリーンや次のティ・グラウンド付近でパッティングすることは認められています。今回のケースはペナルティとはなりません。しかし当然他のプレーヤーの迷惑にならないことは言うまでもありません。

ホールプレーの最終局面のグリーンは非常にナーバスになっているかもしれません。ついうっかりで思いがけないペナルティを課せられる可能性があるので、グリーンでは冷静になりながらゴルフを楽しみましょう。