HOME < 新婚気分でコースに

ゴルフで疲れた体を温泉で癒せば、夜は夫婦水入らずで

夫婦水入らずで

大きなお風呂にゆっくりつかるのも良いものです。

ただ、夫婦が一緒に入らなければなりません。

貸切できる家族風呂や、客室専用の露天風呂があるホテルを選んでおくとベターです。


疲れをとるにはまずお風呂

疲れをとるには
プレーのあとにはゴルフ場でも湯に入りますが、ホテルに着いて落ち着いてつかる温泉はまた別格。誰にも気を使わずのんびりつかれる専用の露天風呂だったら、さらにグッド。普段は一緒に入ることなどないカップルでも、部屋にある露天なら一緒に入るのが自然です。

たがいの背中を流しあい、できれば髪も洗ってあげましょう。美容院や床屋さんで経験がありますよね?何故か人にしてもらう洗髪って気持ち良いものです。終わったら交代です。心の安らぐ新鮮な感覚を経験できます。お湯につかりながらのビールか熱燗もいいですね。体と一緒に心もほぐれます。

風呂から上がって浴衣に着替えたらマッサージタイム。プロに頼むのではありません。マッサージ師はあなたです。力を入れてもむ必要はありません。強くもみ過ぎるよりも、ちょっと足りないな、と感じさせる程度の方が、効果があります。

ゆっくりと時間をかけて撫でるようにしてください。凝っている所や痛いところを確認しながら丁寧にさすってください。体が和らぐと、会話も和らぎます。「水入らず」を実感できるひと時となるはずです。

背中や肩、腰、ふくらはぎなど一通り終わったら、最後は頭。首の付け根から頭頂まで、柔らかくもみほぐしてください。頭皮のマッサージはとても気持ちいいものです。もちろん、終わったら交代してもらいましょう。

食事もゆっくりまったり、あとは寝るだけ

できれば食事は部屋食がベターです。食堂やレストランで食べるより落ち着いて楽しめます。飲めるカップルなら、少々ハメを外すほど飲んでも大丈夫。部屋なら気兼ねなく騒ぐこともできます。酔っ払ってしまったら、膝枕なんてのも良いのではないでしょうか。

食事も終わって酔いもさめたら、ベッドタイムの時間です。もちろん布団なら並べて。ベッドならダブル以上のサイズを指定して夫婦で一緒に寝ましょう。せっかくの久しぶりの水入らず旅行です。新婚時代を思い出しつつ夜のコミュニケーションを楽しみましょう。

アラフォー以上の年代には、「夜が怖い」という男性が増えています。EDが気になる、自信がないという人は、あらかじめ治療を受けておくと安心です。全然恥ずかしくもありませんし気楽な治療です。楽しむための準備と思い切って相談してみましょう。
EDのお薬と言えばバイアグラが有名ですが最近ではバイアグラよりも遙かに長い時間作用し、バイアグラよりも顔のほてりが少なく自然に作用するという理由から日本新薬のシアリスというED治療薬が人気があるそうです。コチラに詳しく説明が記されていますので興味のある方は参考にしてみて下さい⇒長時間作用するシアリスとは?