HOME < ゴルフについて知ろう! < マナーはゴルフのエチケットです

マナーはゴルフのエチケットです

エチケットはゴルフの本質です。金属の棒を振り回し固いボールを飛ばす競技ですので、安全性の確保は第一。また、コースそのものをプレーヤーが共有しているという意識で、コースを守ることも大切です。そのための基本的なマナーについて、しっかり身につけておきましょう。

安全確認が第一です

一番のエチケットは安全の確保。打つ前には近くに人がいないか、ボールを打っても危険はないか、素振りをしても人に当たったりしないかなどをきちんと確認することが大切です。他のプレーヤーがティーグラウンドに入ったときには入らないこと、ショットの時には目を離さないことも重要。ボールは予想外の方向に飛ぶこともあるので、あらゆる可能性を考えなければいけません。
前の組が見えるときにはボールを打ってはいけません。ショットを終えていないときはもちろん、終えたあとでも「届かないだろう」と簡単に判断して打たないことが大切です。ちょっとした気のゆるみから事故が起きています。

他の人に気を配りましょう

人が打とうとする方向に行かないようにしなければいけません。パットのライン上に立ったり横切ったりするのはタブーです。また、他の人がアドレスに入ったら静かにしているのがルールです。
日本のゴルフコースは混んでいますので、プレーの進行をスムーズに行う必要があります。一日に何十という組が同じコースでプレーしますので、前の組みに遅れぬよう進める必要があります。間があいてしまい1ホールも差が付いたときなどには、後ろの組みに順番をゆずり、先に行ってもらうようにします。
歩く早さにも気をつけましょう。だらだらとのんびり歩いてはいけません。テレビではプロゴルファーはゆっくり歩いているようにみえますが、実際にはかなりの早歩きです。
キャディーは通常4人に1人です。一人のためだけについているのではなりません。皆で共有していることを念頭に、負担をかけすぎないようにしましょう。ショットの直前に呼びつけてクラブを選ぶのではなく、あらかじめ何本か自分でもってショット地点へ行きましょう。

芝やバンカーも共有財産です

ゴルフ場における芝生は財産です。ショットの際に剥がれてしまうことは仕方がありません。拾って元の位置に戻し、踏みつけましょう。素振りで芝をはがすのはマナー違反です。コースを使うもの全員が気持ちよくプレーできるよう、芝を守ることもプレーヤーの義務です。
グリーンの芝は特に大切です。スパイクで引きずったり飛び跳ねたり、走ったりしてはいけません。跡が残ってしまった時には、軽く直しましょう。旗ざおを乱暴に扱って傷つけたりするのもマナー違反です。
バンカーでは打ち終えたら砂をならすのがマナーです。足跡もきちんと消して、次にバンカーに打ち込んでしまった人が嫌な気分にならないように気を配ります。

最低限必要なマナーを心がけておけば、少なくとも他のプレーヤーに不快な思いをさせずに済みます。