HOME < ゴルフについて知ろう! < 紳士が守るべきゴルフのマナー

紳士が守るべきゴルフのマナー

ゴルフは古くより、紳士のスポーツとして知られてきました。そのため、プレー中にはしっかりとマナーを守ることが重要です。そこで今回は、ゴルフにおける基本的なマナーについてお伝えします。

ゴルフの精神

野球やサッカーの試合には審判がいます。ルールにあわないプレーが発生したときに、審判がジャッジを下します。プレイヤーではない第3者が判断することである意味公平さが保たれます。ゴルフではどうでしょうか。ゴルフはほとんどの場合、審判なしで行われます。ゴルフゲームは各プレイヤー自らがゴルフ規則を誠実に守ってプレーする。そして他のプレイヤーにも心配りをする。ゲームの最中においてもスポーツマンシップ、ゴルフマナーを遵守しながら礼儀正しくプレーする。これが『ゴルフの精神』である、ということが『日本ゴルフ協会』のゴルフ規則に定義されています。

審判がいないからこそ、自己申告でルールを守りきることが、かえって大人としての振る舞いとなります。紳士淑女として優雅にゴルフを楽しみたいですね。

安全第一

工場の標語ではないですが、ゴルフプレーのエチケット・マナーとして最優先事項は安全第一、安全の確認です。ゴルフのスウィング、ゴルフボールが人に当たるとかなり危険です。重大な事故となる場合もあります。ストロークする場合には周りに人がいないか、先行パーティにボールが届くことはないか、注意が必要です。打ったボールが人に当たりそうなときは、大声で危険を知らせる必要があります。また、先行パーティにボールを打ち込んでしまった場合は、「すみませんでした」とわびを入れることもゴルフのエチケットとして重要です。

他のプレイヤーの邪魔にならない気配り

ゴルフは止まっているボールを打つ競技であるため、その分集中力が必要です。他のプレイヤーがプレーするときには、以下のような迷惑行為は慎みましょう。

・むやみに動いたり、お喋りや不必要な音をたてない。

・携帯電話や電子機器の操作で他のプレイヤーの集中を妨げない。

・他のプレイヤーのボールの近くやプレイヤーの真後ろに立ったりしない。

速やかにプレーを行う

ゴルフ適切なペースでプレーすることが義務付けられています。自分たちのパーティ後にも他のパーティがプレーしています。後続のパーティに迷惑とならないために、前のパーティに遅れないようにプレーすることが必要です。

・前のパーティと1ホール空いて、後ろのパーティを待たせているときは、先にプレーしてもらうように声を掛ける。

・ボールを林の中に打ち込んだ場合はクラブを何本かもってプレーが遅れないようにあらかじめ準備をしておく。

・ボールをウォーターハザードやOBで紛失したかもしれないと思った場合は、時間節約のために暫定球でプレーをする。

・ボール探しは5分まで認められているが、5分くらいかかりそうなときは、後続のパーティを先にプレーさせる。

ルールやエチケットと言えば難しく複雑と思えるかもしれませんが、基本ゴルフでは他のプレイヤーに迷惑をかけない、ということです。個人個人が自分で意識すれば自分たちのパーティだけでなく他のパーティも含めて楽しくゴルフができます。大人の優しさがゴルフならびにご夫婦の関係もうまくこなせる秘訣じゃないでしょうか。