HOME < 初めてのコースデビュー < コースに出てからも意外とお金が必要に?

コースに出てからも意外とお金が必要に?

初めてのコースデビューで最も心配なことはなんでしょうか?まっすぐ飛ぶかどうか、パターは上手くいくのか、スコアはどうなんだろう…たぶんプレーのことで頭がいっぱいかもしれません。確かにそれはとても大切なことなのですが、ゴルフはただプレーが上手くいけば良いというものでもないのです。貴重品の扱いや人との触れ合いなど紳士として大切な部分も忘れずに意識しておきましょう。

コースに出てからもお金を使う?

ゴルフコースに出てしまえば後はクラブでボールを打てば良い!そう思っている人も初めての方なら多いかもしれませんね。確かにゴルフ道具一式あればプレーをすることは可能です。しかしボールを打つ以外にも意外とやることはあるのです。例えば全18ホール中9ホール回った後はクラブハウスで休憩を入れるのが普通です。朝からラウンドすればだいたいお昼になりますから昼食を取ることに。当然のことですがランチにはお金がかかります。コースによってはラウンド料金に含まれていることもありますが、軽食やドリンクなどは自腹で支払わなくてはいけません。ですから最低限の現金は手元に持っておかないと行けないというわけですね。ちなみにOBしまくってボールを打ち尽くしてしまった場合も途中で購入しなくてはいけませんので覚えておきましょう。

キャディーさんにチップは渡すの?

ゴルフはイギリスが発祥のスポーツで欧米諸国で非常に盛んなスポーツです。そのためキャディーさんにチップを渡すという文化が実はあったりします。日本ではチップ文化がありませんが、ゴルフに関しては慣例として渡すこともあります。ただ近年はゴルフ場側がチップ禁止を宣言しているところもありますので必ず渡さなくてはいけないというわけでもありません。

とはいえ、せっかくのコースデビューですから「紳士の気分」を味わうためにもチップを渡したいと思う人もいることでしょう。そうした場合はティッシュ等にくるんで「今日はお願いします」など一言付け加えて渡してみましょう。もし辞退されるようなことがあれば、「ハンカチ」など物品で渡すという方法もあります。 チップを貰って嫌な気分になるキャディーさんもいません。きっと多少は対応が良くなりますし、みなさんも気分良くプレーできることでしょう。

貴重品は必ずフロントへ

クラブハウスでの食事やドリンク、チップ以外ではほとんどお金は使いません。いざという時のために多めに持っておいてもいいですが、必要ない分に関しては預けておくのも良いでしょう。その際には、ロッカーなどに入れるのではなく必ずフロントに預けてください。車上荒らしもそうですが、意外とロッカー荒らしをする輩もいるのです。せっかくの楽しい時間を悪い思い出にされないためにもこちらが注意する習慣をつけておくようにしましょう。