HOME < シニアゴルフのお悩み < 高齢者だから覚えておきたい練習法

高齢者だから覚えておきたい練習法

ゴルフは歳を取ったからといって上手にならない、なんてことはありません。高齢者から始めたプレイヤーであったとしても、スコアで若い子を上回るなんてことは決して珍しくないのです。とはいえ、ただがむしゃらに練習をしてもそうそう上手くはなりません。高齢者には高齢者に合ったやり方というのがあるのです。

ゴルフは生涯スポーツです

スポーツというと若い方が有利というのが一般的な考え方です。もちろんそれはゴルフでももちろん一緒です。肉体的に優れている方がパワフルなスイングやショットをすることができます。しかしボールを遠くに飛ばすことが目的ではないのはご存知ですよね。カップに少ない打数で入れることがゴールになります。遠くに飛ばすパワーがなくても常にベターなショットを打ち続けられるスキルやメンタルがあれば高齢者であってもゴルフは上手になれるのです。 年齢や体力に関係なく結果を出すことができる、ゴルフが生涯スポーツであると言われる所以はそういうところにあります。

最低限の筋トレも必要?

とはいえ、筋力や体力が全く必要ないのかと言えばそんなことはありません。スキルを維持するためにはやはり最低限の肉体強化が必要になってくるのです。特に重要なのが下半身と体幹の筋力となります。ショット時には体重移動がとても重要で足腰がしっかりしていないとバランスが崩れてしまいクラブやボールに上手く力が伝わらなくなってしまいます。また体幹が弱いと軸がブレてしまいショットの方向が安定しなくなるということもあるのです。筋力がないと頭で技術はイメージできるのに実践できないという結果になってしまいます。肉体が全てではありませんが、スキルを安定させるためには最低限の筋力も必要というわけですね。

きれいなフォームを意識しましょう

ゴルフでは特にフォームの美しさが重視されます。というのも正しい打ち方というのはパワーロスや肉体への負担が少ないことから続けやすく上達しやすいのです。ただ、高齢者から始めると筋力や柔軟性の低下から体に変な力が入り、ぎこちないスイングになってしまいがちです。そのままフォームが固まってしまうと技術の上達はかなり難しくなってしまうでしょう。「全然うまくならなくて楽しくない!」とやめてしまう人もけっこういるようです。

最初の内はDVDを見たり、レッスンプロに指導をしてもらったりして綺麗なフォームを身につけましょう。自分のスイングをビデオに撮って分析するのも良い手段です。美しくスイングできるまでは集中的に練習を行ってみてください!