HOME < ゴルフについて知ろう! < 意外と忘れがち!?プレー後は原状復帰を忘れずに

意外と忘れがち!?プレー後は原状復帰を忘れずに

ゴルフは自然のなかで行うものです。ですがプレーをしていると、故意でなくとも芝生などを傷つけてしまうことがあります。そこで気を付けたいのが、原状復帰。最近は原状復帰をしないゴルファーが増え、とても不快な思いをしている人が多いそうです。

あとからくるグループや、芝生など自然のものがより早く回復するよう一手間を加える。これこそ紳士淑女のたしなみ、ともいえるのではないでしょうか。

コレだけはやっておきたい原状復帰

上級者たちが語る、これだけはやっておいてほしい原状復帰について紹介します。いくつか専用の道具も必要になりますので、あらかじめ準備を忘れないようにしましょう。

ボールマークは積極的に直すべし

ボールマークというのは、グリーンにできるボールのへこみのことです。ダイレクトにグリーンにボールが乗るなど、ちょっとした衝撃でグリーンの芝生はへこんでしまいます。それを直さないままだとあとからくるグループだけでなく、すぐあとのパッドにも影響が。自分がつけたものはもちろん、自分がつけていないものでも見つけたら積極的に治しましょう。

ボールマークを直すには、グリーンフォークという道具が必要です。ティペッグで代用する人もいますが、芝生の根を枯らしてしまう原因になるためNG。周囲の芝生をグリーンフォークでかきよせ、盛り上がりをパターでならせば完了。時間にすればほんの数分ですので、自分のボールのもとへ歩いていくついでに直すとスマートですよ。

またグリーンはとても繊細です。歩き方が悪いとすぐにへこみなど、傷ついてしまうため不用意にグリーンに立ち入らないことも大事。歩き方にも注意をしてください。傷つけなければ、原状復帰をする手間もなくなります。プレーファーストにもつながりますので、慎重な行動を意識しましょう。

ディボッドも必ず埋めるべし

グリーンマークと同じくらいできやすいのが、ディボッド。ティーショットを打つような、勢いのあるショットによって芝生をはがしてしまったあとのことです。これをそのままにしていくと芝生がダメージを受け、枯れてしまいます。芝生は1~2日で回復するものでもありませんので、ディボッドができてしまったら必ずすぐに埋め戻しましょう。

ディボッドを埋め戻すには小さなスコップと、目土砂が必要です。はがれた芝生をもとの場所に戻し、隙間に目土砂をやればOK。芝がバラバラになっているならば拾い集めて一緒に埋め戻し、そのうえから目土を。戻す芝が見つからないのなら、目土砂だけでOKです。初心者の方がディボッドを作りやすいので、目土袋は必ず準備しておくのを忘れないよう

最近多い、原状復帰忘れ

今回紹介したボールマークとディボッドの修復は、ラウンドするうえで最低限のマナーともいえます。しかし最近は、こうした最低限のマナーさえ守れないゴルファーが増えているのだとか。とくにディボッドを直さないとそのまま芝生が枯れてしまい、土がむき出しになってしまいます。そうするとショットを打ったときの衝撃を吸収できず、ゴルファーたちの手を痛めてしまう原因にも。すぐあとからくるグループだけでなく、これから先そのゴルフ場でプレーする様々なゴルファーに迷惑をかけることにもつながるのです。もしかしたらそのコースやゴルフ場自体の運営にも影響を及ぼすかもしれません。

そのためゴルフを楽しむのであれば、原状復帰はプレーとセットにして考えるようにしてください。もちろんグリーンフォークや目土袋も必需品として、前日などにしっかり用意しておくようにしましょう。スコアやショットの正確さよりも、原状復帰を忘れず行えるかどうかが、ゴルファーとしての第一歩ともいえるのです。