HOME < 初めてのコースデビュー < ゴルフのあとは、お肌のケアも忘れずに

ゴルフのあとは、お肌のケアも忘れずに

炎天下でゴルフを丸1日プレーすれば、対策していてもやはり多かれ少なかれ肌トラブルが起こります。肌タイプにもよりますが、肌が火照ったり赤くなってヒリヒリしてきたり。こうしたトラブル、意外と日焼けを気にしない男性の方が多く経験しているのではないでしょうか。そのままにしておくと肌はどんどんダメージを受け続けていきます。ぜひゴルフを楽しんだら、肌のケアも忘れないようにしてください。

ゴルフ後の肌トラブルは、こう対処しよう

ゴルフ後、日焼けによって肌が火照ったり赤くなってしまったら、あなたならどうしますか?女性だとすぐに美白、と美白ケアができる化粧品をつけるケースが多いようです。男性だと多少不快なものの、少し火照ったり赤くなっているだけなら放置している人が圧倒的でしょう。ですがそれはどちらもNG。肌にはよくない対処法です。

日焼け後の肌は、まず冷やす

日焼けは厳密にいえば、肌が軽く火傷している状態ですので美白化粧品でケアをする前に、冷やすことが第一。そのまま放置なんてもってのほかです。冷やし方は範囲が狭ければ濡れタオルをあてればOK。体温でぬるくなってきたら、適度に交換してください。範囲が広い場合は冷たいシャワーや水風呂でも構いません。ただ体全体を冷やしてしまうので、体調を壊さないよう時間は短めにしましょう。

また日焼けが激しく、ヒリヒリ痛むような場所ならばタオルで包んだ保冷剤や氷のうで冷やしてください。ただ長時間あてすぎると今度は凍傷の危険があるので、あまり長時間あてないよう注意しましょう。

冷やしたら、しっかり保湿

冷やして肌を落ち着かせたら、次はしっかり保湿を。化粧水を全身にしっかりとぬり、油分のあるクリームでフタをしてあげると効率よく保湿ができます。紫外線によって日焼けしている肌は、細胞が壊れているためとても肌から水分が抜けやすくなっています。ていねいに保湿をし、抜けてしまいやすい水分を補ってあげてください。ただし化粧水が肌にしみると思ったら、無理にぬらないこと。日焼け後は肌が敏感になっているので普段平気な化粧水も、ヒリヒリすることがあります。その場合はすぐに使うのをやめて、様子を見ましょう。どうしても違和感がおさまらないなら皮膚科へ受診するのがおすすめです。

またゴルフをする日など、日焼けをしそうな日は化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくのもおすすめです。化粧水をつけるときにも肌を冷やすことができるので、より状態を落ち着かせやすくすることができます。つけた感触もひんやりしているので、日焼けしそうな日だけでなく夏場はおすすめですよ。

日焼け後のケアで、夫婦のスキンシップにも!

日焼け後のケアは、まず冷やすことと保湿が命。しかも日焼けしたらできるだけ早く行うのが理想的といわれています。ですが全身に化粧水をぬるのは、ひとりでは難しいですね。それなら夫婦で化粧水をお互いぬりあってみてはいかがでしょうか。スキンシップにもなりますし、自分ではぬれない背中などまでしっかり保湿することができます。

50代となると、なかなか日常的にスキンシップをとっている夫婦は少ないはずです。スキンシップはストレスを解消する作用もあるそうですので、ゴルフで疲れた体をリフレッシュするためにもぜひじっくりと2人でやってみましょう。スキンシップが増えればセックスレス防止にもつながりますし、すでにレスの状態なら復活させるきっかけにもなります。日本人夫婦はとくにセックスレスの夫婦が多い、といわれていますのでスキンシップを意識的に取り入れるなどしてぜひレス防止につとめましょう。またご主人の場合、50代ぐらいになると加齢も相まってEDの症状が出やすくなります。とくに長年レスだとEDになりやすいともいわれていますので、不安があるならば専門医で治療薬を処方してもらっておくのがおすすめです。

ゴルフと日焼けは切っても切れないものですね。どんなに対策をしていても、やはり長時間屋外にいると日焼けはしてしまうものです。ただその後のケアさえしっかり行っていれば、日焼けはそこまで怖いものではありません。夫婦のスキンシップも兼ね、ぜひしっかりと肌のケアを行いましょう。