HOME < シニアゴルフのお悩み < 飛距離を伸ばしたい高齢ゴルファーのためのスイングとは?

飛距離を伸ばしたい高齢ゴルファーのためのスイングとは?

「綺麗なフォームで打つ」多くのゴルファーがこれを意識していることでしょう。しかし何が正しくて間違っているのかわからない…そういう人も少なくありません。またどんなに綺麗にできても納得の飛距離が出ないとガッカリしてしまいますよね。高齢者にとって正しいスイングとは、またそのために必要なものとは何なのか考えていきましょう。

何ヤードくらい飛ばせますか?

ゴルフで一番気持ちが良い瞬間、それはドライバーで飛距離も出てフェアウェイど真ん中にボールを打ち出せた時ではないでしょうか。中にはスコアなんてどうでもいいから「とにかく遠くに飛ばしたい」なんて考えている人もいるようです。しかし年齢とともに筋力も落ちますし技術でカバーできるのにも限界がありますよね。

ドライバーの飛距離はだいたい200ヤードが高齢者ゴルファーの目安になります。これを超える人はまだまだ若さがありますし、超えない方はちょっとパワーが衰えていると考えられます。まずは200ヤード以上飛ばせるようなスイングを目指していきましょう。

リズミカルに最後まで振ろう!

「ボールを遠くに飛ばそう」と考えるとついつい力を込めて打ってしまいがちです。確かにパワーは必要なものですが力みはあまり意味がありません。ボールに伝わるパワーが力みで邪魔されてしまいます。それに体にも負担がかかりますから高齢ゴルファーにはマイナスでしかありません。

スイングの基本は力を抜いて振りかぶり、インパクトの瞬間だけ力を込めるというもの。そのためにはヘッドの重みを感じながらリズミカルに振ることが大切になります。インパクトのあと、フォロースルーもとても重要です。高齢ゴルファーで飛距離に悩む人の多くは最後まで振り切れていない人がほとんど。途中でスイングを止めてしまいパワーロスが起こっているのです。短距離走でゴールの先まで走り抜けるのと同じように、ゴルフスイングもインパクト後も振りを止めないことを意識しましょう。

高齢ゴルファーのための筋トレ

リズミカルでスムーズなスイングを実現するためには筋力も必要になります。とはいえ高齢者は若い頃に比べて筋肉がつきにくくなっていますし、無理をすると体を痛めてしまいます。とりあえず最低限の筋トレをしておきましょう。

下半身強化のためのウォーキングやジョギング、体幹を鍛える腹筋や背筋、上半身も鍛えられるならば鉄アレイや腕立て伏せなどもやってみましょう。ムキムキにまでなる必要はありませんので無理の無い程度にやってみてください。ほんのちょっと筋肉がつくだけで思った以上に飛距離は伸ばせるようになりますよ!