HOME < ゴルフについて知ろう! < こんなルールもあるの!?ティーグランドの外から打ってもいい!?

こんなルールもあるの!?ティーグランドの外から打ってもいい!?

ティーグランドの第一打は緊張するものです。ミスの結果が一番大きく響く一打です。ティーグランドには、その中限定のルールもあります。そもそも、ティーグランドってどこからどこまでなのでしょうか?

ティーグランドぎりぎりにティーを立てたら自分ははみ出してしまいました

風も強くてスライスしそう。一番左端の平らな部分にティーを立てて打とうとしたら、自分のスタンスがティーグランドからはみ出してしまいました。このまま打ったら違反でしょうか?
ティーアップのルールは、ボールがどこにあるか、だけです。区域内であればどこでも好きな場所にボールを置くことができます。区域内にボールがあれば、スタンスはどこにとっても構いません。プロの中には、スタンスをとりやすい場所を探して、それに合わせてティーアップしている人もいます。
なお、ティーグランドがどこからどこまでかも知っておく必要があります。2つのティーマーカーを結んだラインが最前線。それを一辺とする長方形のエリアが「区域内」ですが、奥行の長さは「クラブ2本分」と決まっています。打ちやすいからといって、何メートルも下がって打つことは違反です。

ティーマーカーの位置を間違えて打ってしまいました

ティーマーカーの近くに灰皿がおいてあり、勘違いして灰皿の近くにティーアップして打ってしまいました。ナイスショットでワンオン。こういう場合はどうしたらよいのでしょうか?
ティーグランド区域外からのショットは無効となります。打ち直しで、かつ、2打罰となります。これに気づかず、次のホールに進めば、トーナメントでは失格です。売ったボールがOBの場合でも、同じです。

目印にクラブを置いて見るのは良いのでしょうか?

ティーマーカーがやや斜めを向いているように感じられるので、ストレートなラインを確認するためにクラブを芝の上に置きました。クラブと平行に立ってスタンス位置を決めた後、クラブを戻して打ちました。これは違反でしょうか?
打つ際に目印を置いたまま打てば違反となり2打罰ですが、打つ前に目印を置くことそのものは違反ではありません。取り除いてからスイングすれば、問題ありません。ただし、取り除いたクラブを飛球ラインの真後ろに置いたりすると、「目印」とみなされてしまいます。
キャディなど人を使った場合も同様です。打つ前に目印としてたってもらうのはOKで、どいてもらってから打ちます。最初から置いてあった木切れなどを目印に使うことは問題ありません。

ティーグランドでの第一打、ちょっとしたことでいきなりペナルティでは悲しい気持ちになります。きちんとルールを覚えておきましょう。