HOME < ゴルフについて知ろう! < 覚えておきたいゴルフのルール【ティー・グランド編】

覚えておきたいゴルフのルール【ティー・グランド編】

ティー・グラウンドは、これまで打ちっ放しなどのゴルフ練習場で培った技術を目いっぱい発揮できる恰好の場です。ナイスショットができた時には、本当に気持ちがいいもの。ゴルフが一番楽しい瞬間かもしれません。しかし、ここでもルールを無視してしまえば、残念なペナルティーが待っています。しっかりとルールを把握して、正しいティーショットを心がけましょう。

〔ケース1〕プレーの順番を間違えて先に打ってしまった!

前のホールでよい結果で気分は上々。思わず気が走って他のプレイヤーより先にティ・ショットを打っってしまった、という場合です。プレーの順番を間違えても罰はありません。打ちなおす必要もなしです。とはいっても、オナー権利を得られたプレイヤーは順番が抜かされると気分がいいものではありません。プレーのときの順番はよく注意するようにしましょう。

〔ケース2〕ティ・ペグを切らしてしまったのでティ・グランドの土を盛り上げてその上にボールを置いて打った

ティ・グランドでは、土や芝を盛り上げたり、たばこの空き箱にボールをのせて打っても問題ありません。クラブ以外であれば、同伴者からティ・ペグやボールを借りても違反とならないのでイザというときは借りるてもOKです。

〔ケース3〕ストローク前のワッグルでうっかりクラブがボールにあたってティ・ペグから落ちてしまった!

ワッグルはプロの間でも賛否両論ですが、ルールではあくまでもストロークではなく予備動作です。ボールに触れたとしてもイン・プレーとはならず、罰なしで再度ティ・アップして打てばよいです。ただし、過度のワッグルは他のプレイヤーにも迷惑です。ワッグルは緊張を和らげ、スイングの感覚をつかむために有効であるとしているプロもいます。しかし2、3回程度であればあまり迷惑になりません。

〔ケース4〕空振りしたらボールがティ・ペグから落ちたのであわててティ・ペグにのせた!

空振りでもイン・プレーとなるので、そのままの状態でプレーしないといけません。イン・プレー中にボールに触ると一打罰が付加されます。自分勝手に行動しないことが大切です。他のプレイヤーに承諾をとればペナルティとなりません。拾い上げた場合は、元の位置にボールを戻して、全員のティ・ショットが終わった後に3打目として打つことになります。

〔ケース5〕ティ・ショットするとボールはかすってブッシュの中にはいってしまった。アンプレアブルを宣言してティ・アップして打ちなおそうとした

ティ・ショットをアンプレアブルすると、一打罰となってティ・アップすることができます。従って、上記の場合3打目ということになります。ちなみにスルー・ザ・グリーンやハザード内でアンプレアブルすれば、一打罰でドロップとなります。

イン・プレーなのかそうでないかが、ティー・グラウンドでは重要です。せっかく気持ち良くボールを飛ばすことができたのに、ルール違反ということではその後のプレーもつまらなくなってしまいますよね?ゴルファーたるものマナーとルールをしっかり身につけ、楽しくホールを回りたいものです。そのためにも、今回ご紹介したケースをぜひ参考にしてみてください。