HOME < ゴルフについて知ろう! < 覚えておきたいゴルフのルール【スルー・ザ・グリーン編】

覚えておきたいゴルフのルール【スルー・ザ・グリーン編】

スルー・ザ・グリーンとは、ティーグラウンドからグリーンまでの間に続く範囲を表す言葉で、バンカーなどのハザードを除いた部分の総称です。大自然に囲まれて気持ち良くプレーをするためにも、この場所でのゴルフルールについてはしっかり把握しておくようにしてください。

〔ケース1〕アドレスしてストローク以外で動いたボールを打ってしまった!

ボールに対して構えることをアドレスといいます。この状態でストローク前にクラブがボールに触れて転がると、イン・プレーのボールを動かしたというこで、一打罰となります。この時の対処としては元の場所にリプレースしなければいけません。転がったボールをそのまま打ってしまうと、誤所からのプレーというこになり二打罰となってしまいます。

〔ケース2〕ブッシュの中に入ったボールをクラブヘッド背面で突き出して外に出した

プレイヤーはボールを正しく打たないといけません。ペナルティとして二打罰です。正しく打つとは、アドレスをとってストロークとしてバックスイング、インパクトの一連の動作でクラブのヘッドで打つということです。押し出したり、かき寄せたり、すくいあげたりするとペナルティとなります。ブッシュに入ってしまった場合は一打罰でアンプレヤブルとみなし救済を受ける方が得策です。

〔ケース3〕打ったボールがラフの芝にすっぽりとはいってしまいました。これでは打てないのでストローク前にボールの後ろの芝を足で踏みつけた

ボールを識別するために芝をかき分けることは罰ではありませんが、ボールが動くと一打罰となります。動いたボールはリプレースして元の位置にもださなくてはいけません。ラフに入ったボールを打ちやすくする意味でボールのまわりの芝を押し付けてならしたりすると、ライの改善とみなされて、二打罰が課せられてしまいます。

〔ケース4〕打ったボールが木に当たって跳ね返って自分に当たった

自打球が当たるとかなり危険です。実際に痛みはかなりあるかもしれません。しかしルール上でも痛いペナルティーがあります。自分に当たったりプレーヤーのキャディーやプレイヤーの携帯品にボールがあたると二打罰となります。ボールが止まったところから次のストロークを行うことになります。ボールが他のプレイヤーに当たるとどうでしょうか。他のプレイヤー同伴競技者にボールが当たっても罰となりません。ボールが止まった位置から次のストロークになります。ペナルティにならなくても非常に危険なのでよく注意してプレーが必要となるのは言うまでもありません。

〔ケース5〕風で動いたボールを元に戻さずにそのまま打った

風や雨などの自然現象の影響でボールが動いてもそのままの状態でプレーしなければいけません。従ってこのケースの場合罰はありません。風のせいでボールがカップに入ってもホール・イン。風で止まっているボールが勝手にOBに入ってもOBとなります。逆に風のせいで動いたボールを元のあった場所に戻してしまうと誤所からのプレーとして二打罰となるので正しく認識しておいてください。

ゴルフのルールはなかなか複雑なもの。なんだか面倒くさいと思われるかもしれませんが、それぞれのプレーヤーがしっかりそれを守ることがフェアプレーにつながり、楽しいゴルフにつながります。特にスルー・ザ・グリーンは条件状態が多種多様なので正しく理解していきましょう。