HOME < 夫婦で楽しむ3つの方法 < ふたりで楽しむための秘訣

全くの素人でも打ちっぱなしでトレーナーが手取り足取り教えてくれます

トレーナーが手取り足取り教えてくれます
「ゴルフは嫌いなんだよな」という毛嫌いオヤジも、「ゴルフ歴30年!」と胸を張るベテランも、一旦全て忘れて初心者になりましょう。

夫婦で行くゴルフはこれまであなたが見てきたもの、経験してきたものとは別物です。

経験のある人もない人も、今日からズブの素人。うんちくも偏見もすべてリセットして、ふたりでゼロから始めます。いざ、打ちっぱなしへ。

夫婦でめざすのはスコアじゃない

夫婦でめざすのはスコアじゃない
ゴルフをしたことのない人が、これまでしなかった理由はさまざまでしょう。でも、一旦その理由付けは忘れて、別のスポーツなのだと考えてください。「ゴルフは飽きるほど行った」という人も、「シングルだ」と威張りたい人も、思い出してください。一緒にプレーしたのは誰ですか?接待ゴルフや上司との付き合いゴルフですか?スコアはどうでした?いつも勝つことばかりに気を取られていませんでしたか?

接待で飲むのと、恋人同士で食事をするのではまったく別物です。ゴルフも同じ。仕事仲間や友達とプレーするのと、夫婦でするのとは種類が異なります。二人だけでするゴルフのゴールは「エンジョイ」です。スコアなんてどうでも良いです。OBもスリーパットも、ラフもバンカーも大歓迎。そんなゴルフを楽しんでみましょう。

まずは練習!トレーナーはあなたではありません

まず、少し練習をします。トレーナーやコーチがいるような大きめの「打ちっぱなし」を近所で探してください。日曜日にふたりで出かけましょう。コースに出るための練習だと考えてはいけません。レッスンを楽しむためです。例えあなたがとてつもなく上手でも、そんなことはすっかり忘れてください。自分の趣味に奥さんを加えるのではなく、ふたりで新しいことを始めるからです。

誰でもゴルフ初心者のころに経験があるはずです。手とり足取り教えたがるウザイ先輩!絶対にあなたが教えてはいけません。練習場には専属のトレーナーがいます。予約制のところもありますので、あらかじめ確認してください。申し込んで、夫婦一緒にレッスンを受けましょう。

コーチの話には口を挟まないこと。あくまでも生徒の一人。ふたり仲良く先生の話に耳を傾けてこそ、共同作業です。まかり間違っても、奥さんだけをコーチに預けてあなたは一人で打ちっぱなし、なんてことはしないでください。

奥さんと一緒に、クラブの握り方から学びます。そこで偉ぶっても仕方ありません。カッコよくも何ともありません。知っていて当然のことを、「ふむふむ」とうなずきながら聞けるくらいのおおらかさを持ちましょう。あなたの真摯な気持ちに、奥さんは必ず気がついて惚れ直してくれるはず。

「練習してうまくなったらコース」などと考えなくて良いです。ゴルフがうまくなることが目的ではなく、ゴルフをふたりで楽しむことの練習だと心得ましょう。うまくならなくたってかまいません。ゴールはスコアではありませんので。