HOME < ゴルフについて知ろう!

えっ!?プレー中の練習は違反?

ゴルフ初心者はいろんなことに悩みます。さっきのスイングに納得がいかない、などと考え空いた時間にスイング練習をしたり、パターの練習をしたり。しかし、プレー中に練習することはルール違反です。ティーグラウンドで構えて打ったつもりが空振りだったり、ちょっとかすっただけだったりということもあります。そんな時のルールについて知っておきましょう。

ティーグラウンドでパター練習は違反?

ティーグランドに立ったら、前が詰まっています。時間つぶしのつもりでボールを置いてパターの練習をしました。これは、罰則有りでしょうか?

プレー中の練習の例外として、ホールアウトから次のティーショットの間に、パットやチップの軽い練習をすることは認められています。しかし、ドライバーを持ってフルスイングするようなものは「練習」とみなされて、2打のペナルティが科せられます。

バンカーショットに納得いかず、あとで練習した、は違反?

バンカーショットを打ち終え、ホールアウトした後に、「やっぱり納得いかない」」とバンカーに戻って練習をしました。後ろの組みはまだまだ来ないので、詰まってはいません。ホールアウト後だから大丈夫?それとも違反でしょうか?

残念ながら、ハザードでの練習はいかなる場合も違反となってしまいます。次のホールに2打罰となります。

思い切りのスイングが空振り、でもボールは風で…

ティーショットを空振りしたら、スイングの風でボールは転がってしまいました。当たったわけではないので、なかったことにして一からやり直して良いのでしょうか?それとも、転がった位置から打つのでしょうか?まさか罰則?

空振りとは何か?ということが問題になります。打つ意思があって振ったものは、球に当たる当たらないにかかわらず、「1打」になります。「素振り」との違いは意思があるかないか、です。空振りの風圧で球が動いてしまった時には、インプレーですので、そのまま打たなければなりません。次が2打目となります。万が一拾い上げて、再度ティーアップした時にはさらに1打罰となります。 なお、打つ意思がなく素振りをしたらボールがティーから落ちた、という場合には無罰で戻せます。

この場合、2打目を打とうとした時にグランドがデコボコしていて打ちにくい、と感じた時にはならして良いのでしょうか?フェアグランドでは地面を踏みつけて整地をしてはいけないことになっています。「スイング区域の改善」行為は違反です。ただし、ティーグランドは別扱い。でこぼこをならしたり、ティーを立てるために盛り上げたりすることは許されています。

コース上での練習には上記のように細かいルールがありますが、基本的なことはしっかり頭に入れておきましょう。